炭酸パックを手作りする方法

炭酸パック簡単手作り方法

炭酸パックを手作りするには、パック剤の基盤になるものを作り、重曹を加え、最後にクエン酸を加えることです。

 

比較的簡単な作り方は、重曹、クエン酸、キサンタンガム、グリセリンを利用する方法です。肌に使うものなので、重曹やクエン酸は食用グレードのものを使った方が安心です。

 

炭酸パック簡単手作りするには

基本的な作り方は、グリセリン小さじ1杯とキサンタンガム少量をよく混ぜた後、水やローション類を大さじ1杯と重曹小さじ1杯を入れて、パック剤のベースになるものを作ります。この時にしっかりと重曹を溶かしておくと、肌に載せた時にザラつきがなく、パック剤として使いやすいです。使う直前にクエン酸小さじ半分弱を加えて、完成です。重曹とクエン酸は自分の肌に合わせて量を調整できますが、クエン酸は重曹の3分の1から2分の1程度にしておくと、刺激が強すぎず使いやすいです。

 

炭酸パック簡単手作りよりも

もっと簡単なのは、市販のジェルやクリーム類に重曹と水やローションを加えてパック剤を作りクエン酸を加えることですが、うまく重曹が溶けなかったり、肌の上に留まらずに流れてしまったりするので、あまりお薦めはしません。

 

炭酸パック簡単手作り方法結論

手作りであれば、パック剤を作るときにお好みでエッセンシャルオイルや美容成分を加えることもでき、自分の肌にあうようにカスタマイズすることもできるので、色々な分量で作ってみるといいのではないでしょうか。

 


テンデシカはこちら!!

テンデシカのレビューはコチラ!


>>テンデシカ使ってみた結果(*´ω`*)


このページの先頭へ戻る